日本の男性は、薄毛に悩む人が非常に多いです。男性の薄毛のタイプで最も多いのが、agaと呼ばれる男性型脱毛症です。agaは、何もせずに放置していると、どんどん症状が悪化してしまいます。1日100本くらいの抜け毛であれば心配する必要はありませんが、200本を超えるようであれば、早めに専門のクリニックで検査を受けた方が安心です。
agaの専門クリニックは、日本全国に数多く存在します。ただ、専門クリニックによって医師やスタッフレベルの差があるので、できるだけ実績があり信頼できる専門クリニックを探して治療を受けることが大事です。最近は、aga専門クリニックの比較サイトや口コミサイトが増えており、口コミでの評判を見て専門クリニックを選ぶ人も少なくありません。

どうして髪の毛は抜けてしまうのか

髪の毛には寿命があります。成長したら抜けていくというサイクルを、一生繰り返すのです。このサイクルをヘアサイクルと呼びます。ヘアサイクルが正常であれば、抜け毛の心配も薄毛になる心配もないのですが、何らかの原因によってヘアサイクルが乱れてしまうと、抜け毛が増えてしまい、薄毛の症状が出てくるのです。髪の毛のヘアサイクルは、成長期、退行期、休止期という段階に分かれています。
成長期は、約1000日ほど続きます。成長期は、毛母細胞に栄養がどんどん供給されます。そして、細胞が分裂し、毛ケラチンを形成します。健康な人だと、1ヶ月に約1センチ髪が伸びると考えられています。退行期は、毛根の組織が委縮してしまい、生成を止めてしまいます。そのため、髪の毛が抜け落ちていきます。

agaの症状とはどのようなものか

休止期になると、活動が停止します。そして、しばらくすると成長期に入り、また髪が育っていきます。全体のうち、約90%が成長期です。なんらかの原因で男性型脱毛症を発症すると、つむじやつむじの周辺、髪の生え際が徐々に薄くなっていきます。男性型脱毛症の進行が進んで抜け毛が多くなり、髪の成長が遅くなったりすると、髪の毛の全体量がどんどん減ってしまうのです。
この状態が進むと、ハゲと言われる状態になります。男性型脱毛症は、進行性の脱毛症なので、早めに適切な治療をすれば、早く回復ケースも少なくありません。現在、専門クリニックの多くが、内服薬や外用薬を使って男性型脱毛症の治療を行っています。最近では、自分の毛を使う自毛植毛のメニューを取り入れている専門クリニックも増え、注目を浴びています。