agaは成人病の一種でもあり、いかに予防するかが重要となります。ひとたび進行すると加速度的に薄くなっていくので、自覚をしたらすぐに対策してください。男性の薄毛の約9割はagaであり、対策のためには生活改善が必須となります。シャンプーや育毛剤によるケアに加えて、睡眠リズムを整えることも大切となります。
生活が不規則になる最大の原因は、就寝時刻が遅くなるためです。早めに眠るように意識すれば、男性ホルモンの過剰分泌を抑え、毛母細胞を活性化させることも可能です。agaは予防が最大の治療となるため、まだ自覚をしていない男性も対策するべきでしょう。育毛剤は副作用がほとんどないため、薄毛を自覚する前から使用することができます。頭皮に十分な栄養を与えて、血流を悪化させないことが最大のaga予防となります。

agaは日々のケアで予防することが大切

agaと聞くと特別な脱毛症と感じるかもしれませんが、男性の薄毛は9割がagaだと言われています。そもそもagaとは男性型脱毛症のことですから、男性に多いのは当然のことでしょう。遺伝に影響されやすい脱毛症ではありますが、日々のケアを徹底することで予防できます。頭皮ケアを完璧に行っている男性は、全体の1割もいないと言われています。
たとえ遺伝性のagaだとしても、適切なケアを行えばフサフサを維持することは可能なわけです。著しく進行が早いならクリニックで検査を受けるべきですが、ほとんどの症状はセルフケアで対処できます。もし結果が出ない場合は、対策自体が間違っていると考えるべきです。一番大切なのは規則正しい生活を継続することであり、シャンプーや育毛剤などの頭皮ケアに匹敵するほど重要です。

不規則な生活が続くとどうなるのか

頭皮や髪は生活環境の影響を受けやすいため、不規則な生活を続けるのはよくありません。夜ふかしは特に頭皮に悪く、就寝時刻が遅い男性ほど抜け毛が激しくなる傾向があります。遅い時間帯に眠ることが習慣化すると、朝に元気よく起きられないでしょう。睡眠の質は低下してしまいますし、ホルモンバランス、肌代謝にも影響してきます。
agaは成人病の一つともされており、若いころからの生活の積み重ねによって起こる症状だと言えます。薄くなってから対処するのは遅いため、薄くなる前から予防しておく必要があるわけです。予防対策としては育毛剤が効果的であり、1日2回の使用で抜け毛を抑えることができます。抜け毛を1日60本以内に抑えておけば、10年後も安定したボリュームを維持できるでしょう。