agaは男性型脱毛症と言われ、円形脱毛症や通常の薄毛と異なり20代の若いころから徐々に進行していきます。髪の毛が生えるサイクルが乱れていることが要因で、agaになる原因としては、ストレスや生活習慣の乱れ、遺伝、血行不良といったことが関係しており、食べ物にも大きく左右されています。
早めにagaと気が付くことで、頭皮に栄養を補給し、薄毛を極力食い止めることができます。40代以降では発毛を促したり、薄毛にならないような薬を服用しても効果が出るまでに時間がかかってしまいます。また、長期間の薬の服用は副作用が伴うこともあります。薬をあまり使用したくない場合や、家族にagaの人がいる場合は、思春期以降から栄養に気を付けた食事を行い、生活を整えていくことが大切になります。

agaを予防するにはどうしたらいいか

agaは男性ホルモンや血行不良などが関係しています。髪の毛や頭皮に悪い影響を受けることには、運動不足や睡眠不足、喫煙、眼精疲労、ストレス、過度の飲酒があります。成長ホルモンは寝ている間に分泌されるので、睡眠不足になると細胞が活性化せず、髪の毛の健康を損なってしまいます。
栄養面ではたんぱく質や亜鉛、ビタミン類を意識してとると良いでしょう。たんぱく質は髪の毛の材料となりますし、亜鉛はagaの原因である5αリダクターゼを抑制することができます。ビタミン類ではビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンEが髪の毛に良いので、アーモンド類を多めに食べると効果があります。栄養を取り入れることで、体全体が健康になり髪の毛の成長へと導きます。効率よく栄養を取り入れるには健康的な生活が大切なので、生活習慣も正すようにします。

agaの対策法はどのようなことか

agaは頭皮の血行が不良となり起こることがあります。そのため対策として血行を良くすることが大切になります。頭皮の血行を良くするには食べ物に注意するのはもちろんのこと、頭皮のマッサージをする、スカルプシャンプーを用いる、ゆっくりお風呂に入るということが大切です。
頭皮の汚れが薄毛の原因、と思って髪の毛をごしごしと洗ってしまうと、さらに薄毛が起きてしまうので、正しいシャンプーを行うようにします。正しいシャンプーの仕方としては、まず髪の毛をブラッシングして汚れやからみを取り除いてからお湯で頭皮と髪の毛を洗います。この予備洗いが大切で、しっかりと行うことで、皮脂や髪の毛に付着した汚れを落とすことができます。その後、シャンプーを泡立て、上から下へとマッサージしていきます。洗った後もていねいに乾燥させるようにしましょう。こうすることで頭皮に余分な皮脂が残らず、健康な状態を保つことができます。