男性にとって薄毛の発症は外見の印象を大きく様変わりさせ、精神的にも大きなショックを与えてしまうもの。対人面でも相手の目線が気になったり、どこか引っ込み思案になり自分に自信が持てなくなることも多いでしょう。
ですがこの薄毛はきちんと原因を特定して適切な治療やケアを続けることで改善することが可能です。中でも最近特に注目を集めるのがagaという病気に他なりません。薄毛に悩んでいる人の多くがこのagaを発症しているケースが非常に多く、または頭皮の汚れや毛穴詰まり、生活習慣による血行不全などと合わさってさらに薄毛症状を悪化させていることも少なくありません。薄毛症状を撃退するに大切なのは、まずこのagaをしっかりと理解した上で適切な対処法を講じること。そうするだけで失われた頭髪を取り戻して本来の自分を取り戻すことができるはずです。

agaによって薄毛が発生するメカニズムとは?

そもそもagaとはどんな病気なのでしょうか。その発症の由来は親からの遺伝とも言われ、特に母親から受け継いだ遺伝子情報によって発症するケースが多いと言われます。そのため母方の祖父やその兄弟に薄毛が多いと本人もagaを発症するリスクが高まるのです。
その具体的な中身としては、まず精巣にて生成された男性ホルモンが身体を循環する中で頭皮付近にある5αリダクターゼと呼ばれる酵素と出会います。この時に互いに反応し合うとDHTという物質が作り出され、これらが頭髪の根本にある毛乳頭にて感知されることで頭髪全体が拒否反応を引き起こします。
そうなると、毛細血管からの栄養分の補充もストップし、毛母細胞の細胞分裂が鈍化し、その影響によって次第に頭髪の成長サイクルが大幅に乱れ、最終的に栄養分の補給が難しくなった頭髪はそのまま抜け落ちてしまい薄毛が進んでいってしまうのです。

遺伝子の影響によって成人を過ぎた頃から発症しやすい状態に

このようにしてagaは、通常の頭皮の毛穴詰まりや生活習慣による血行悪化とは全く異なり、体内において頭髪が抜け落ちやすい状態に陥ることで発症する病気に位置付けられます。詰まりどれだけ頭皮を衛生的に保っても、また生活習慣を改善しても、agaそのものを治療して体内の状況を改善しなければ完治することはできませんし、それによって引き起こされる薄毛を治すこともできません。
一般的には遺伝によってagaになりやすい体質を受け継ぐと、成人を過ぎたあたりから毛乳頭の感知機能がDHTの存在を敏感に察知するようになり、人よりもこの機能が過剰に働くことによって栄養分の補充が困難となり、栄養不足に陥った頭髪は薄毛に見舞われることとなります。とりわけ額の両サイドや頭頂部といった部位は男性ホルモンの働きが強く発露するところと言われ、そのためagaを発症するとまずこのいずれか、あるいは両方から薄毛が進んでいきます。

生活習慣の改善の指導も行います。 思春期を過ぎてから髪が薄くなってきたと感じたら、AGAかもしれません。 agaは進行性!治療しないと髪の毛が減り続けます。 専門のカウンセラーが治療の内容をご説明します。 池袋AGAクリニックは、複数の薬を組み合わせた治療で発毛を促します。 額の生え際が後退してきたなと感じたらAGAかもしれません!【池袋agaクリニック】発毛治療専門クリニック